安心・安全・快適と言うのは当たり前のため、
メンテナンスは欠かせません。
エレベーターの維持コスト
もメンテナンス内容によって
高いコストパフォーマンスを実現します。

メンテナンス(=保守)には、
大別して2つの大きな目的があります。

  • 故障や事故の未然防止、安全と快適性の維持。
  • 機械の寿命を延ばす点。
経年劣化は、加速度的に進行するため、保守を行わなかったり保守開始時期が遅れたりすると機器は急速に劣化します。
そのため新しい機器の購入、あるいは大掛かりな修理といった高額な出費を強いられてしまいます。したがって保守は据付時に近い状態を保ち続けるとともに、結果的に維持コストを低く抑えると言う役割も果たしているのです。

メンテナンス契約の
種類と経年劣化の状態

フルメンテナンス契約

※フルメンテナンス契約は承っておりませんのでご了承ください。
長期で維持コストを節約したい方へオススメです。常時点検を行うととおに、不良品となる可能性のある部品の取り替えや機器の修理を事前に行いますので、経年劣化が少なく、寿命も大幅に延長できます。

P・O・G契約(点検契約)

必要な時にだけメンテナンスを行いたい方へオススメです。性能の減衰は比較的緩慢ですが、機器の修理や部品の交換を行う都度、経費がかかる上、一般的には、予算上の理由などで、修理時期が遅れ、予防的な修理が施せない場合が多くあります。

無保守

部品交換が行われず、無手入れですから、性能が急激に低下し、7~10年程度で使用上危険となり、運転停止せぜるを得なくなります。

沖縄県内メンテナンス実績NO1
エレドックの確かな技術にお任せ下さい。
お客様に合ったコストパフォーマンスの高い
メンテナンスを提案します!

調査証の発行

定期検査は国土交通省により定められた「昇降機の維持及び運行の管理に関する基準」に基づき点検します。そして、その結果により検査済証が発行されます。
昇降機の定期検査は、建築基準法第12条第2項にもとづき、「昇降機検査員資格者」がおこなわなければならないことも定められています。
Business 事業案内
  • 事業案内
  • メンテナンスの効果
  • 見積の流れ

ページトップへ